研究成果 – B02 広天域深宇宙のイメージングによる加速宇宙の暗黒成分の研究

【発表論文】

こちらをご覧ください。

【学会発表】

  1. “Overview of HSC photo-z’s”, Tanaka, Photo-z Workshop for Large Surveys 2017, 2017 May 17 – Dec 2, Tohoku Univ., Sendai, Japan. (招待講演)
  2. “Status of HSC SSP Survey”, Miyazaki, Panoramas of the Evolving Universe: The 6th Subaru International Conference, 2016 Nov 28 – Dec 2, Hiroshima, Japan. (招待講演)
  3. “Hyper Suprime-Cam Subaru Strategic Program”, Tanaka, The 7th KIAS workshop on Cosmology and Structure Formation, 2016 Oct 30 – Nov 4, Korea Institute for Advanced Study, Seoul, South Korea. (招待講演)
  4. “Clusters of galaxies in Subaru Hyper Suprime-Cam survey”, Oguri, The 7th KIAS workshop on Cosmology and Structure Formation, 2016 Oct 30 – Nov 4, Korea Institute for Advanced Study, Seoul, South Korea. (招待講演)
  5. “Galaxy evolution science with Hyper Suprime-Cam, Prime Focus Spectrograph, and ULTIMATE “, Tanaka, ULTIMATE Subaru Workshop, 2016 Jun 16 – Jun 17, NAOJ, Tokyo, Japan. (招待講演)
  6. “Gravitational wave standard sirens”, Oguri, Astronomical Distance Determination in the Space Age, 2016 May 23 – May 27, ISSI-BJ, Beijing, China. (招待講演)
  7. “The Hyper Supreme-Cam (HSC) wide survey”, Miyazaki, Follow-up of wide-area X-ray surveys: Science, Facilities, Programs, 2016 Apr 25 – Apr 27, Ringberg Castle, Bavaria, Germany. (招待講演)
  8. “Cluster searches with HSC”
, Oguri, Follow-up of wide-area X-ray surveys: Science, Facilities, Programs, 2016 Apr 25 – Apr 27, Ringberg Castle, Bavaria, Germany. (招待講演)
  9. “Strategic Surveys with Hyper Suprime-Cam and Prime-Focus Spectrograph”, Tanaka, Workshop for ALMA Large Proposal of gAlactic Cold gAs (ALPACA) Survey, 2015 Dec 1 – Dec 3, NAO, Tokyo, Japan. (招待講演)
  10. “New wide field camera for Subaru Telescope: Hyper Suprime-Cam’’, Miyazaki, IAU XXIX General Assembly, 2015 Aug 3 – Aug 14, Honolulu, USA. (招待講演)
  11. “The image plane approach to cosmic telescopes
”, Oguri, IAU XXIX General Assembly Focus Meeting 22: “The Frontier Fields: Transforming our Understanding of Cluster and Galaxy Evolution”, 2015 Aug 3 – Aug 5, Honolulu, USA. (招待講演)
  12. “天文データの取り扱いと今後の方向性”, 高田唯史, 自然科学研究機構新分野創成センター新分野探査室勉強会, 2017年4月7日, 自然科学研究機構, 港区, 東京 (招待講演)
  13. “HSC+Huntsman: a search for dwarf galaxies around nearby MW-like galaxies”, Tanaka, Subaru International Partnership Science and Instrumentation Workshop, 2017 Mar 22 – Mar 24, NAOJ, Tokyo, Japan.
  14. “HSC 画像からの自動ゴースト除去 (II)”, 小宮山裕, 川野元聡, 八木雅文, 日本天文学会 2017年春季年会, 2017年3月15日–3月18日, 九州大学, 福岡市, 福岡
  15. “HSC 戦略枠観測データの世界公開 (パブリックリリース)”, 山田善彦, 田中賢幸, 高田唯史, 古澤久徳, 宮崎聡, 他, 日本天文学会 2017年春季年会, 2017年3月15日–3月18日, 九州大学, 福岡市, 福岡
  16. “HSC データ解析パイプライン:ゴーストと人工衛星痕のマスク機構開発”, 古澤久徳, 川野元聡, 小宮山裕, 田中賢幸, 山田善彦, 高田唯史, 他, 日本天文学会 2017年春季年会, 2017年3月15日–3月18日, 九州大学, 福岡市, 福岡
  17. “HSC-SSP サーベイにおける可視銀河団サンプルの構築”, 大栗真宗, 他, 日本天文学会 2017年春季年会, 2017年3月15日–3月18日, 九州大学, 福岡市, 福岡
  18. “Strategic Programs with Hyper Suprime-Cam and Prime Focus Spectrograph”, 田中賢幸, SKA研究会「銀河進化と遠方宇宙」, 2017年1月7日–1月9日, アーデンホテル阿蘇、阿蘇郡, 熊本 (招待講演)
  19. “天体観測陽可視光検出器”, 宮崎聡, 日本応用物理学会・光波センシング技術研究会, 2016年12月9日–12月10日, 東京理科大, 新宿区, 東京 (招待講演)
  20. “Subaru Hyper Suprime-Cam Survey for Local Group Dwarf Galaxies”, Komiyama, Panoramas of the Evolving Cosmos, The 6th Subaru International Conference, 2016 Nov 28 – Dec 2, Hiroshima, Japan.
  21. “HSC サーベイにおける銀河団探査”, 大栗真宗, 第5回観測的宇宙論ワークショップ, 2016年11月24日–11月26日, 広島大学, 東広島市, 広島
  22. “HSC 画像からの自動ゴースト除去”, 小宮山裕, 八木雅文, 日本天文学会2016年秋季年会, 2016年9月14日–9月16日, 愛媛大学, 松山市, 愛媛
  23. “A spectroscopically confirmed double source-plane lens system in HSC-SSP”, 田中賢幸, 大栗真宗, 他, 日本天文学会2016年秋季年会, 2016年9月14日–9月16日, 愛媛大学, 松山市, 愛媛
  24. “重力波源と銀河の相互相関を用いた宇宙の絶対距離測定”, 大栗真宗, 日本天文学会2016年秋季年会, 2016年9月14日–9月16日, 愛媛大学, 松山市, 愛媛
  25. “広視野カメラ Hyper Suprime-Cam によるダークマター分布”, 宮崎聡, 日本写真学会年次会, 2016年6月8日-6月9日, 東京工業大学, 横浜市, 神奈川 (招待講演)
  26. “Subaru Euclid Synergy”, Miyazaki, Euclid Consortium Meeting, 2016 May 30 – Jun 3, Lisbon, Portugal.
  27. “Cosmology: From Subaru/HSC to space missions”
, 大栗真宗, 2020 年代のすばる望遠鏡と衛星計画のシナジー検討研究会, 2016年4月21日–4月22日, 国立天文台, 三鷹市, 東京
  28. “Outskirts of Local Group Dwarf Galaxies Revealed by Subaru Hyper Suprime-Cam”, Komiyama, IAU Symposium 321, Formation and evolution of galaxy outskirt, 2016 Mar 14 – Mar 18, Toledo, Spain.
  29. “超新星重力レンズ SN Refsdal の像の出現予測”, 大栗真宗, 第4回観測的宇宙論ワークショップ, 2015年11月18日-11月20日, 京都大学, 京都市, 京都
  30. “HSC 大規模画像データの PSF 測光”, 小宮山裕, 日本天文学会2015年秋季年会, 2015年9月9日–9月11日, 甲南大学, 神戸市, 兵庫
  31. “サーベイ時代の宇宙論”, 大栗真宗, 2015 年度 第 45 回天文・天体物理若手夏の学校, 2015年7月27日-7月30日, 信州・戸倉上山田温泉, 千曲市, 長野 (招待講演)

【報道発表など】

  1. すばる望遠鏡の宇宙サーベイの成果の宣伝。「超広視野主焦点カメラHSCによる大規模観測データ、全世界に公開開始」2017年2月27日(ハワイ現地時間)に国立天文台 (http://www.nao.ac.jp/news/topics/2017/20170228-subaru.html)、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構 (http://www.ipmu.jp/ja/20170228-HSC_datarelease)、プリンストン大学(http://web.astro.princeton.edu/news/first-public-data-release-hyper-suprime-cam-subaru-strategic-program)からプレスリリース。 毎日新聞 (2017年2月28日), 日本経済新聞 (2017年2月28日, 3月1日), 産経新聞 (2017年3月1日), 読売新聞 (2017年4月13日), 他新聞15誌に掲載
  2. すばる望遠鏡プレスリリース「遠方の星形成銀河でさぐる宇宙の泡構造」 https://www.naoj.org/Pressrelease/2017/01/30/j_index.html
  3. すばる望遠鏡プレスリリース「夜空に浮かぶ太古の目」https://www.naoj.org/Pressrelease/2016/07/25/j_index.html
  4. すばる望遠鏡プレスリリース「すばる望遠鏡 Hyper Suprime-Cam が描き出した最初のダークマター地図」  https://www.naoj.org/Pressrelease/2015/07/01/j_index.html  NHKニュース (2015年7月3日 8:45-9:00) で会見の模様を放映, 毎日新聞 (2015年7月3日), 日本経済新聞 (2015年7月3日), 朝日新聞 (2015年7月11日), 読売新聞 (2015年7月19日),他新聞7誌, およびニュートン (2015年10月号) に掲載

【主催シンポジウム等】

  1. “Photo-z Workshop for Large Surveys 2017”, 2017 May 17– May 19, (参加者約40名, うち海外から約30名), Tohoku Univ., Sendai, Japan. http://hsc.mtk.nao.ac.jp/ssp/photo-z-workshop-for-large-surveys-2017/
  2. 秋の学校「理論と観測から迫るダークマターの正体とその分布」” (本新学術研究の計画項目B02班とA02班との共催), 2016年11年9日–11月11日(参加者51名),国立天文台三鷹キャンパス,http://www.tuhep.phys.tohoku.ac.jp/dmautumn/
  3. “HSC画像解析講習会”, 2016年7月20日–7月21日 (参加者16名), 国立天文台三鷹キャンパス, http://hsc.mtk.nao.ac.jp/HSC_Training_tutorial/index.html (教材のURL)

【アウトリーチ活動】

  1. 第10回自然科学研究機構 機構長プレス懇談会 (2017年3月29日) で高田唯史が「すばる望遠鏡と超広視野主焦点カメラ『Hyper Suprime-Cam』で探る深宇宙」、および田中賢幸が「すばる望遠鏡と超広視野主焦点カメラ『Hyper Suprime-Cam(HSC)』で探る深宇宙」と題して講演。約20名の参加があった。
  2. 第23回自然科学研究機構シンポジウム“現代天文学のフロンティア” (2017年3月5日) で宮崎聡が「広視野天体探査で調べるダークマターの分布」と題して講演。273名の参加があった。
  3. 都立日比谷高校 SSH天文観測機器講座 (2016年7月8日) で宮崎聡が「HSCで探る暗黒物質の分布」と題して講演。約60名の参加があった。
  4. 和歌山県みさと天文台天文教室 (2016年1月31日) で宮崎聡が「開発者が語るすばる望遠鏡新型の超広視野カメラ『HSC』開発秘話」と題して講演。約20名の参加があった。
  5. 国立科学博物館 天文学普及講演会 (2015年10月17日) で高田唯史が「天文ビッグデータとの闘い-巨大データがもたらす天文学研究の新たな方向性-」と題して講演。約60名の参加があった。

【書籍等】

  1. “物理科学,この1年 HSCによるダークマター分布図”, 宮崎聡, パリティー(丸善), 2ページ, 2017年1月
  2. “日本がリードするモザイクCCDカメラの開発”, 宮崎聡, 日本天文月報 110巻1号, 11ページ, 2017年1月
  3. “すばる超広視野主焦点カメラで調べるダークマターの分布”,宮崎聡, OplusE, Vol38, 4ページ, 2016年6月

【受賞】

  1. “日本天文学会 第20回 林忠四郎賞”, 宮崎聡, 2016年3月15日