研究成果 – B01 宇宙マイクロ波背景放射の広天域観測で探る加速宇宙と大規模構造

【発表論文】

こちらをご覧ください。

【学会発表】

  1. 「LiteBIRDで使用する光学部材の陽子線による影響(4)」、小松国幹 他LiteBIRD Phase-A1 team、日本物理学会第72回年次大会、2017年3月17-20日、大阪大学豊中キャンパス
  2. 「LiteBIRD衛星におけるscan strategy の研究」、魚住聖、片山伸彦 他LiteBIRD Phase-A1 team,  日本物理学会第72回年次大会、2017年3月17-20日、大阪大学豊中キャンパス
  3. LiteBIRD における偏光変調器のための連続回転機構 の開発II」、桜井雄基、松村知岳、飯田光人、片山伸彦、菅井肇、今田大皓、羽澄昌史、山本 亮、宇都宮真、片㘴宏一、日本物理学会、大阪大学、2017 年 3 月 20 日
  4. “LiteBIRD”, Ishino on behalf of the LiteBIRD Phase-A1 team, Why does the Universe accelerate? – Exhaustive study and challenge for the future, 2017, Mar. 8 – Mar. 10, KEK.
  5. “Simons Array”, Chinone, Why does the Universe accelerate? – Exhaustive study and challenge for the future, 2017, Mar. 8 – Mar. 10, KEK.
  6. “LiteBIRD: lite satellite for the study of B-mode polarization and inflation from cosmic microwave background radiation detection”, Ishino on behalf of the LiteBIRD Phase-A1 team, 2nd CORE-U International Conference: Cosmic Polarimetry from Micro to Macro Scales, 2017, Feb. 17 – Feb. 18, Hiroshima University (招待講演)
  7. “Vibrational characteristics of a superconducting magnetic bearing employed for a prototype polarization modulator”, Yuki Sakurai, Tomotake Matsumura, Hajime Sugai, Nobuhiko Katayama, Hiroyuki Ohsaki, Yutaka Terao, Yusuke Terachi, Hirokazu Kataza, Shin Utsunomiya, Ryo Yamamoto, ISS 2016: International Symposium in Superconductivity 2016, Japan, Tokyo, (Dec.13-15 2016)
  8. “Tests of Cosmic Inflation with Measurements of Cosmic Microwave Background Polarization”, Hazumi, Cosmology Conference at ECL, Oct. 25, 2016, Astana, Kazafstan(招待講演)
  9. “Estimation of the heat dissipation and the rotor temperature of superconducting magnetic bearing below 10K”, Yuki Sakurai, Tomotake Matsumura, Hirokazu Kataza, Shin Utsunomiya, Ryo Yamamoto, ASC2016: Applied Superconductivity Conference 2016, U.S.A, Denver Colorado, (Sep.4-9 2016)
  10. “Cosmology and Particle Physics with LiteBIRD”, Hazumi, Madrid 2016 Workshop on CMB polarization, Large-Scale Structure, and 21 cm surveys, June 21, 2016, Madrid, Spain(招待講演)
  11. 「LiteBIRD計画における系統誤差の研究」、魚住聖 他LiteBIRD WG, 日本物理学会秋季大会、2016年9月21-24日、宮崎大学
  12. 「LiteBIRDで使用する光学部材の陽子線による影響(3)」、小松国幹 他LiteBIRD WG、日本物理学会秋季大会、2016年9月21-24日、宮崎大学
  13. 「LiteBIRD における偏光変調器のための連続回転機構の開発」、桜井雄基、松村知岳片山伸彦、菅井肇、羽澄昌史、山本亮、宇都宮真、片㘴宏 一、日本物理学会、宮崎大学、2016 年 9 月 23 日
  14. “Cosmology and Particle physics with POLARBEAR and Simons Array”, M. Hasegawa, 38th International Conference on High Energy Physics, 2016, Aug.3-Aig.10, Chicago, US
  15. 「科学衛星LiteBIRDで探る原始重力波」、石野宏和 他 LiteBIRD WG、中四国合同学術講演会、2016年7月31日、岡山大学
  16. “LiteBIRD: lite satellite for the study of B-mode polarization and inflation from cosmic microwave background radiation detection”, Ishino, SPIE Astronomical Telescope + Instrumentation, 2016, Jun. 26 – Jul. 1, Edinburgh, Scotland.
  17. 「宇宙の起源に迫る」羽澄昌史、2016年5月31日、低温工学・超電導学会設立50周年特別記念講演会、タワーホール船堀、東京(招待講演)
  18. “Japanese plans w.r.t. international collaboration”, Hazumi, Workshop Towards a next space probe for CMB observations and cosmic origins exploration, May 18, 2016, CERN, Switzerland(招待講演)
  19. 「宇宙マイクロ波背景放 射偏光観測実験のための偏光変調器用超電導軸受の発熱特性」、桜井雄基、松村知岳、飯田光人、片山伸彦、菅井肇、大崎博之、寺尾悠、寺地祐介、下村俊貴、今田大皓、山本亮、宇都宮真、片㘴宏一、第 29 回電磁力関連のシ ンポジウム(SEAD)、岡山県、2016 年 5 月 18 日
  20. “Progress with LiteBIRD”, Hazumi, Workshop Towards a next space probe for CMB observations and cosmic origins exploration, May 17, 2016, CERN, Switzerland(招待講演)
  21. 「宇宙マイクロ波偏光:LiteBIRD」石野宏和 他 LiteBIRD WG、高宇連第15回研究会、2016年3月23-25日、東京理科大学 (招待講演)
  22. 「宇宙マイクロ波背景放射偏光観測衛星LiteBIRDの概要」、羽澄昌史、日本物理学会第71回年次大会、2016年3月19-22日、東北学院大学(招待講演)
  23. 「LiteBIRDにおけるシミュレーションを用いた系統誤差の評価」、石野宏和 他 LiteBIRD WG、日本物理学会第71回年次大会、2016年3月19-22日、東北学院大学
  24. 「LiteBIRDで使用する光学部材の陽子線による影響(2)」、小松国幹 他 LiteBIRD WG、日本物理学会第71回年次大会、2016年3月19-22日、東北学院大学
  25. “インフレーション仮説探索のための半波長板を用いた連続回転偏光変調器の熱特性について”,
    松村知岳, 片坐宏一, 宇都宮真, 山本亮, 桜井雄基,
    日本物理学会 春季大会, 2016年3月19-22日, 東北学院大
  26. 「インフレーション宇宙を検証するLiteBIRD計画の現状」、羽澄昌史、日本天文学会年会、2016年3月16日、首都大学東京
  27. 「LiteBIRD」、羽澄昌史、宇宙電波懇談会総会、2016年3月10日、国立天文台三鷹キャンパス(招待講演)
  28. “LiteBIRD system definition”, Hazumi, B mode from space workshop, 2015年12月14日、東京大学カブリIPMU.
  29. “LiteBIRD mission definition”, Hazumi, B mode from space workshop, 2015年12月12日、東京大学カブリIPMU.
  30. 「人類はいかに宇宙を理解してきたか?」、羽澄昌史、NINS/IURIC Colloquium 2015, 2015年12月2日、ヤマハリゾートつま恋、掛川
  31. “LiteBIRD: lite satellite for the study of B-mode polarization and inflation from cosmic microwave background radiation detection”, Ishino, 12th Conference in the Symposium on Cosmology and Particle Astrophysics, 2015, Oct. 12 – Oct. 16, KAIST, Daejeon, Korea.
  32. “POLARBEAR and Simons Array: Results and Future Prospects for CMB Polarization Measurements ”, Nishino, 12th Conference in the Symposium on Cosmology and Particle Astrophysics, 2015, Oct. 12 – Oct. 16, KAIST, Daejeon, Korea.
  33. “LiteBIRD Overview”, Hazumi, European CMB community meeting toward ESA M5, 2015年9月28日、Paris, France.(招待講演)
  34. 「宇宙論を実証する」、羽澄昌史、日本物理学会 秋季大会、2015年9月25-28日、大阪府立大学(招待講演)
  35. 「LiteBIRDにおける解析プログラムの開発と1/fノイズ・宇宙線グリッチによる影響」、石野宏和 他 LiteBIRD WG、日本物理学会 秋季大会、2015年9月25-28日、大阪府立大学
  36. “LiteBIRD”, Hazumi, Towards the European Coordination of the CMB programme, 2015年9月1日、Florence, Italy.(招待講演)
  37. “Future missions on CMB polarization: LiteBIRD”, Hazumi, Rencontres du Vietnam: COSMOLOGY – 50 YEARS AFTER CMB DISCOVERY, 2015年8月20日、Quy, Nhon, Vietnam.(招待講演)
  38. “LiteBIRD”, Hazumi, Gordon Research Conference (GRC) on String Theory & Cosmology, 2015年6月1日、Hong Kong(招待講演)
  39. 「超伝導検出器でビッグバン以前を見る」、羽澄昌史、日本学術振興会超伝導エレクトロニクス146委員会第94回研究会、2015年4月21日、学士会館本館、東京(招待講演)

【報道発表など】

  1. 産経新聞平成28年1月11日に、「原始宇宙の急膨張を検証」という記事において、計画研究B01班のLiteBIRD計画が紹介され、計画研究代表の羽澄昌史の談話が掲載された。

【主催シンポジウム等】

  1. “新学術領域「なぜ宇宙は加速するのか?徹底的究明と将来への挑戦」研究会”, 2017年3年08日〜10日(参加者約110名),高エネルギー加速器研究機構(つくば),http://indico.ipmu.jp/indico/event/126/
  2. “POLARBEAR/Simons Array 共同研究者会議”, 2017年3月27日〜30日(参加者約40名), 高エネルギー加速器研究機構(つくば), http://research.kek.jp/group/cmb/PBF2F2017Mar/

【アウトリーチ活動】

  1. 名古屋市科学館の天文クラブ例会(2017年3月23日、24日)にて、羽澄昌史が「ビッグバン以前の宇宙は見えるか?」と題して講演を行った。講演はプラネタリウムを駆使した斬新なものとなった。各回とも幅広い年齢層から約300名の参加者があった。
  2. 月刊科学雑誌Newton2017年4月号(2017年2月25日発売)の特集記事「宇宙創生の光」に関して、羽澄昌史が執筆協力を行った。
  3. 公益財団法人平成基礎科学財団主催の楽しむ科学教室(2016年5月22日開催)にて、羽澄昌史が「ビッグバン以前の宇宙を探る ~宇宙背景放射観測の挑戦~」と題して講演を行った。大学生を中心に約100名の参加者があった。http://www.hfbs.or.jp/97.htm
  4. KEKサイエンスカフェ(2016年4月8日, 4月15日)にて、 長谷川雅也西野玄記が「宇宙最古の光を追え!CMBチャンネルで宇宙誕生の瞬間に迫る」と題して講演を行った。各回とも幅広い年齢層から約30名の参加者があった。https://www.kek.jp/ja/PublicRelations/Events/ScienceCafe/
  5. 駿台天文講座第598回(2016年2月20日開催)にて、長谷川雅也が「宇宙背景放射の50年-インフレーション宇宙の宇宙波とPOLARBEAR」と題して講演を行った。幅広い年齢層から約100名の参加者があった。http://www.sundaigakuen.ac.jp/news/other_news/50599.html
  6. 「科学と音楽の響宴2015」(2015年11月15日開催)の中で、羽澄昌史が「宇宙のビッグバンとそれ以前」と題して講演を行った。幅広い年齢層から約700名の参加者があった。https://www2.kek.jp/kyoen/2015/
  7. 野田市野田公民館夏休み科学教室(2015年8月19日開催)の中で、長谷川雅也が”親子で楽しむ 宇宙のはじまり”と題して講演を行った。幅広い年齢層から約100名の参加者があった。http://keyakiblog.b38.coreserver.jp/?p=456
  8. KEKサイエンスカフェ「科学者とお花見で御座る」(多摩六都科学館にて2015年4月11日開催)にて、長谷川雅也が宇宙や素粒子の話を対話形式で行った。主に小学生高学年から高校生まで60名(20名x3グループ)の参加者があった。https://www.kek.jp/ja/NewsRoom/Release/20150310163000/

【書籍等】

  1. 羽澄昌史, “ビッグバン以前の宇宙は見えるか?”, Kavli IPMU News Vol.36, 和文6ページ、英文6ページ (2016年12月)
  2. 羽澄昌史, “ライトバード(LiteBIRD)でビッグバン以前の宇宙を探る”, ISASニュース2016-9, 3ページ(2016年9月)
  3. 羽澄昌史, “宇宙マイクロ波背景放射の精密観測と原始重力波”, 光エレクトロニクスの技術専門誌「O plus E」2016年7月号(2016年)
  4. 羽澄昌史, “宇宙背景放射「ビッグバン以前」の痕跡を探る”, 集英社、208ページ (2015年)